今もファン多し

>

テレクラのシステム

いつの時代も出会いを求める

現代においては、若年層また中年と呼ばれる世代にまでSNSでのやりとりが日常となっています。
20年前くらいには、インターネットやメールが通信における主流になり始めており、映画やドラマにはインターネットやメールでの出会いがきっかけのストーリーも結構ありました。

愛や恋を伝えるツールとしての電話の役割が終わろうとしていたのかもしれません。
かつてのヒット曲の歌詞の中には「ダイヤル回す」「受話器」「ベル」などの印象的なフレーズがかなり登場していました。
さすがに今のヒット曲の中にみつけることはできません。
しかし、伝えるツールが変わっただけで、今でも男女はさまざまな場所で出会いを求めて、そして愛や恋のコミュニケーションをしているはずです。

能動的なツールとして

そもそもテレクラとは「出会いたい」という男女それぞれのニーズが合致したものとも言えます。
とてもシンプルでわかりやすいテレクラというシステムは、ある意味でストレートに出会いのチャンスを提供します。

文字などに置き換わることなく、生の声でのコミュニケーションです。
自分が何者なのか、またどのような仕事をしているのかなど、ある意味で即興で伝えなければなりません。(伝わってしまうことも)
メールように文面を推敲したり、自分を取り繕うことはできないのです。
テレクラはある意味では積極的に会話するという能動的なツールであり、そうした表現ができる人に好まれるのではないでしょうか。
おおげさですが、最近忘れかけているコミュニケーションとも言えますね。