今もファン多し

>

昨今の出会い事情とは

古き良きテレクラ

出会いがなくして、恋愛はありません。
コミュニケーションの中心が携帯、インターネット、SNSなどに変わろうとも、それは同じだと思います。
婚活パーティやお見合いイベントなどのビジネスの分野では、多くの集客があると言われていますが、草食系などと言われながらも潜在的には誰もが出会いを待っているはずです。

今もテレクラは出会いのひとつの手段として利用され続けています。
これだけ携帯、インターネット、SNSなど普及しているにもかかわらずです。
ある意味では出会いやナンパに関する方法としては、すでに古典的な手法かもしれませんが、どこかでまだ声によるコミュニケーションを求めている層が確かにいるということの証かもしれませんね。

シニア層の変化

価値観の多様化により、生き方も多様化しています。
昨今で言えばシニア層のライフスタイルの多様化もそのひとつです。
今日本では65歳以上の人口が約27%と言われていますが、最近の60歳以上の方々の若々しさには驚くばかりです。
かつての老後などという言葉とは違いとても活動的です。

シニア層がテレクラを利用するという機会が増えていると聞きます。
真面目に働いて得たセカンドライフです。
遊びの部分もより多様化したとしても不思議ではありません。
年齢に関係なく、出会いや恋愛を楽しむというのはいいことではないでしょうか。
それはともかく、結婚を前提としたおつきあいはいいとしても、遊び過ぎにはご注意くださいませ。
どの世代も関係なく。